• 映画「0円キッチン」をハッピーアースデイ大阪で観たい!

    クラウドファンディングへの挑戦!!

    皆さんのご支援のおかげでクラウドファンディング成功いたしました!!

  • 今、私たちが伝えたいこと。

    「ゆっくりとした時間の中で、真剣にみんなで考えたい。」

     今回のプロジェクトでは、皆さんからご支援をいただいて、ハッピーアースデイ大阪当日に、野外映画会を開催します。

     上映する映画は、「0円キッチン」という世界的な社会問題のひとつである「フードロス」について描かれた作品です。

     ハッピーアースデイ大阪で様々な社会問題について学んだ夜、この映画を上映することにより、例年までとは一味違う、”地球と人”について、より”考える場”を作りたいと考えています。廃油キャンドルの心地よい雰囲気の中、フェアトレードコーヒーなどを片手に、ゆっくりとした考える時間を過ごしてほしいと願っています。

    「食品ロスはとても身近な社会問題です。」

    ハッピーアースデイ大阪では、様々な社会問題について考えています。

     その一つに「食品ロス」の問題があります。

     現在、人口が減っている日本ですが世界的には増加しており、食品不足が起こっています。それにも関わらず、日本では年間約632万トンの食品ロスがでており、これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯の量を捨てていることになります。

    参照:政府広報オンライン

    (URL:https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/4.html)

     

    実際、自分の周りでもそういった問題が起きているのを、飲食店、小売業などの店舗や自宅などで感じています。自宅で起こるものはなるべく防いでいても、保存方法を間違えたり、忘れ去られたりして腐らせたりしてしまい、廃棄されるものもあります。日本に住んでいると実感はあまり無いですが、世界中には食べ物を手に入れられず、空腹に苦しむ人たちもたくさんいます。

     そこで身近に起こっている「食品ロス」について描かれたドキュメンタリー作品『0円キッチン』を上映したいと考えました。映画を通して“食べられるものを捨てる”ということについて考え、「食品ロス」についてアクションを起こしていけるような場を作りたいと考えています。

    「アースデイは明日からの問題解決への一歩を考えています。」

     今回のプロジェクトは映画「0円キッチン」を通してフードロスについて学ぼうという企画です。このプロジェクトには、少しでも多くの方々にフードロスの現状について知ってほしい、そして、フードロスは企業だけの問題ではなく一般家庭でも取り組んでいかなければならない問題であることを再認識してもらいたいというねらいがあります。

     1人ひとりの取り組みは小さなものかもしれませんが、そのひとつひとつが合わさるととても大きな効果があり、世界を変えていくことができると思います。この映画の中からは、フードロスの現状や取り組みだけではなく、日本の食料自給率を上げるヒントがあるかもしれないし、無駄を減らすことによって飢餓問題の解決策を見いだせるかもしれません。

     私たち、そして私たちの子孫が住み続ける地球の将来のために、現状を知り、一人ひとりがその問題を自分事としてとらえること、それが問題解決への第一歩です。

    「どうして、今回クラウドファンディングに応募したのか」

     私たちハッピーアースデイ大阪では、出店料と協賛金のみで運営しており、助成金などを今まで申請したことはありませんでした。それは、助成金などのお金では、本当に私たちの取り組みに賛同して回ってきたお金なのかが不明確なことが多く、顔と顔を向き合いながら応援してくれる人と関わっていきたいからという想いからです。そのためどうしてもまとまった大きなお金で運営することは今までありませんでした。にもかかわらず、ここまで続けてこれたのは暖かい周りの人の支援と大きなつながりに他なりません。

     お金というものは「一つの想いを伝えるツール」だと考えています。そしてこのクラウドファンディングも想いを伝える一つの方法だと考えています。

     新しい取り組みをする中で、より多くのひとの想いをつなげたい。より多くのひとにアースデイを知って訪れてもらいたい。そうした想いからクラウドファンディングに応募することにしました。

     私たちには、皆さんとのつながりが大切です。どうか私たちと一緒にこのプロジェクトを成功させてください。よろしくお願いいたします。

All Posts
×